スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛と悲しみ

ここ一週間近くずっと左胸の奥に痛みを感じていました。きっと感情が症状として表れているのだと思い、感じるようにしていました。でも痛くて、邪険にもしていました。

昨日ようやくそれがほとんどなくなりました。どうもそこにあったのは、深い悲しみとそれとともにある愛のようでした。悲しみは愛と一緒にあるものだと師匠にも友人にも言われていたけれど、頭では理解していても、受け入れることができていませんでした。

20数年前父を亡くした時の悲しみが感じ切れず残っていました。不満や、後悔に焦点を合わせ、そこにあった幸せに目を向けようとしていなかった。きっと幸せに気づいたらもっと悲しいと自動防御装置が働いていたのだと今は思います。

それに気づいて、あった幸せを感じて、そのまま、出てきた愛と悲しみを同時にしっかり感じたら痛みがひいてきました。

今日は、断片的に父を思い出します。周りに恥ずかしくて嫌だったできごとすら、しあわせな時間だったのだなってそんな気がしてきています。暖かい感じがして、愛がじわっとあふれて涙が出てきます。それがひいてきたら、今度は、やっぱり会えないのは悲しいなって悲しくなって涙がでています。

でも、思い出す父の姿は私の心を沈ませるものではなく、軽くて暖かくて懐かしいものに変わったと感じています。

あれ。。。。また微かに左胸の奥に痛みが。。。次の泡でしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。