スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢心傾向

慢心に気づいてから、なんとなく慢心してる時自分に気づけるようになったように思います。
感じていると、なにかうまくいったあとに、なんだか妙に浮ついた興奮状態で心がずっと自己アピールし続けるというか…。

感じていてみると、いいことがあると簡単に「ま~んしん!(に変身!)」してました。とほほ。

「私はしっかりしていそうで、びっくりするくらい抜けてるから、自分を信じていないんだよね。」
友人との何気ない会話ででてきた気にもとめていなかった自分の本音。

ランドセル忘れて学校に行ったり(小1)、この間は息子と合気道に行くのに肝心の道着を持たずに行ってしまったり…。
そんな自分を思っての発言でした。確かにそんな自分もほんとにいます。

失敗は、少なくとも師匠のワークを受けるまでは、自分を責めるだけで失敗から学ぶことがほとんどできなかったように思います。失敗する自分を否定して、なれもしない「失敗しない人」になりたいと願っていました。

でも客観的に考えてみたら、失敗を全くしないなんてことは無理です。

それなら、失敗したとき、自分悪かったらちゃんと謝れて、そして失敗をちゃんと生かそうとしてる自分であるなら信じていいのではないだろうかと思いました。

そういう見方をしたら、最近はこっぴどい失敗をしたときでも、(もちろん落ち込んだりもしますが)、私なりにできるかぎりそこから学ぼうと、これからに生かそうと頑張ってるよなって思えました。あやまるべきことも気づいたことにはちゃんと謝っているんじゃないかとも…。

自分は変わったのに、過去のまま、私は自分を信じていなかったのだと思いました。

それじゃあ慢心して「こんなこともできる!」なんていやらしいい感じで、誰かに自分をみとめてもらいたくもなるわなぁ。

自分の信頼を得るべく、行動して、そして、過度ではなく、過小でもなく、等身大の自分自身を認めていきたいと思います。
師匠のいう「失敗しても大丈夫」な自分になりたい。こつこつ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。