スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがたや



昨日息子が、「ママは甘いもの好き?」と聞いてきたので、
「たくさんは食べないけど、好きだよ。」と返事をしました。

なにかなと思っていたら、夕方になって、メモをつけた金平糖をプレゼントしてくれました。
僕も一緒に食べるけどね~なんていいながら。

塾帰りに寄り道をして、近所の和菓子屋さんで買ってきたそうです。

ふと思って、「もしかして、ママ元気がなかったから、それで買ってきてくれたの?」と聞いてみたら、照れながら「そう」と。

ありがたいな。そして、そんな風に気づいて行動を起こせるなんて素敵だなぁって思って、じーんときてしまいました。
はい。親バカです

こどもって大人以上にいろいろ感じてるのかもしれないです。
私はこんなサポートもうけてるのだなと改めて思いました。
ありがたや。

プチ糖質制限中の私ですが、この金平糖はちっちゃくて、ちょこっと楽しめるサイズです。
眺めていてもかわいい。TR、ありがとうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

くぁわぁいぃ~い~~~0( T ▽ T )0
こういうの嬉しいね~ こりゃぁじ~んとくるわ

そうなんだよね 子供って全力でお母さんが大好きなんだよねぇ
よく見ていてよく感じてて、何か出来る事無いかって思っててくれて…
まるまるっと愛なんだよねe-267 きっと私もharumiの子供の頃もね^^

No title

なんともうれしいねぇ(T_T)
胸がいっぱいになったよ…😌

Re: No title

NORI

そうだね。きっと私たちの子どもの頃もだね。
気持ちが届いたこともあれば、届かなかったこともあるんだろうね。その時は私たちの想像以上に傷ついたりもしてるのだろうね。
そう思うと、子どもの頃の自分にも、子どもたちにもちゃんとしっかりと寄り添ってあげたいなって思うよね~。

かわいい子どもの頃のNORIも想像しちまいましたっ。むふっ。

Re: No title

MIEKO

うん。あたしゃキッチンで泣いちまいましたよ~。

MIEKOもみんなも私もそういう子どもの時期ってきっとあったんだよね。
愛おしいね。

最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。