スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を愛すること

最近いろいろな本を読んでいます。心に関する本か、自然食など自然に関係する本がほとんどですが。。。

石原加受子さんの本のどれかに「自分を愛するということは、自分を気持ちよくさせてあげること」というのがありました。疲れて会社を休んだりする時が例にあがっていました。

・働かなくてはいけない、自分は怠けていると責めて、罪悪感を感じて過ごすのではなく、休む自分を気持ちよく許して休ませてあげる。ごろごろすることを楽しんで、気持ちよくリフレッシュさせてあげる。

そういう感じに「自分を気持ちよくする」なら、きっとこんな感じなのかな。

自分が悲しい気持ち、つらい気持ちを感じてたら、自分に寄り添って、気持ちを解ってあげて、なんとか解決する方法を考えて行動するとか、伝えたいことで楽になるなら勇気をもって伝えるとか、具体的な行動をとって、楽にしてあげることが愛することなのだろう。

不快や、緊張なら、原因を見つけてあげて対処を考えて具体的に動く。

眠いなら、寝させてあげる。難しいなら、どうしたらいいか考えて、そのために行動を起こす。

自分の意見、気持ちをちゃんと表現する。(自分の意見などを通すためではなく、結果はどうあれ、自分自身をきちんと尊重して、ちゃんと納得してすっきりと気持ち良くなるために。)

忙しくてとても疲れてるなら、休めたらそれがいいけれど、無理なら、一杯のコーヒー飲むことを許してその間だけでもゆっくりして気持ちよくするとか。

「自分の気持ちよくしてあげる」ことは自分本位に聞こえるかもしれない。でも、よく考えてみると、そのために、他人に迷惑をかけたり、誰かを犠牲にするような何かは実は自分を愛することにならないのだと思う。。その場は一時的に嬉しかったり、すっきりしたりするかもしれない。けれど、後には罪悪感を感じるとか、嫌われるとか、ちっとも自分は気持ちよくないだろうと思うから。自分を本当に愛するならば、人を自分と同じに尊重して初めて成り立つのだろうなと思いました。

「自分に気持ちよく、気持ちよく」と思って過ごしてみていたら、今朝初めて私はすごいことに気がつきました(私にとってです。)。

テレビで高層ビルの窓掃除の人の一言「終わって、きれいになったのを見上げると本当に気持ちいいんです!!!」。聞いた瞬間に「お~!!!!」と思いました。私は掃除や、洗濯、片づけは嫌いで、いつも嫌々やっていました。でも、見方を変えたら、自分が気持ちよくなるためだったんだぁ~!!!!。

単純な私は自分を気持ちよくさせようと、さっそく部屋を片づけたり、掃除機をかけたりし始めたのでした。完ぺきではないけれど、部屋がすっきりして気持ちいいです。無理は気持ち良くないですから~。へへっ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。