スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お米を炊くときに希望の命水☆ & 食の現状の一部とミネラル☆

わたくしブログで書きながらも、お米を炊くときに希望の命水をてきと~にいれておりました。

が、セミナーで試食したお米があんまりおいしくて、私もちゃんとやり方の通りにご飯を炊いてみました。

とってもおいしく炊けました~。

炊き方は簡単。

1.ボールに炊く合数(2合なら2カップくらい)の水を用意して、一合あたり希望の命水3cc(10倍濃縮なら0.3cc)をいれて迎え水をつくります。(お水が多いとミネラルが薄まってもったいないのでひたひたのお水の量にするという意味です。あと、水はなるべく浄水などした水がベターですが、なければ水道水でオーケー。)

2.1にお米をいれます。すぐには捨てず、10分間そのまま置いておきます。残留農薬を除去し、ミネラルが吸収されます。

3.軽く洗うようにお米を研いで、分量の水をセットします。そこに1合あたり希望の命水3cc(10倍濃縮なら0.3cc)をいれて、普通に炊きます。

つやつやとってもおいしいです。この炊き方もうやめられません!!
ちょっと古くなったお米もピカピカに炊けるそうです。



糖質制限してるかたもいるかと思いますが、今、炭水化物そのものは悪くないのかもと私は疑っております。

私は2月にプチ糖質制限をしようとしたときに、自分がどれだけ糖質を食べていたか愕然とするほどでした。

今の日本人の食生活は糖質に大きく偏っていることは確かです。でも、いろいろ調べていくうちに、その糖質自体が以前とは違うものになりつつあるというのも真実かなと感じます。なので、「糖質」とひとくくりにはできないのではないかなというのが私の見方です。(加えて、精製されすぎていることも大きな変化だと思っています。)

下記はご参考まで。

まずお米ですが、添加物なども興味をもって調べていると、私たちが家庭で食べているお米はたぶんどのくらいか農薬が残っているくらいのものですが、

コンビニのおにぎりお弁当のご飯、多くの外食のご飯は、違います。

多くの場合は、使われているの古米のようです。古米ですから、まずは真っ白にするために漂白をして、ぱさぱさですからしっとり保湿するような添加物をいれて、つやがないですから、つやを出す添加物などなど…コンビニやスーパーの場合はすぐ腐っては困りますからさらに防腐剤をドン

こうして安くて見た目も美しくおいしいご飯、おにぎりになります。具なども安く提供するために工夫されています。ってことで、シンプルなおにぎりなのに、裏のラベルの材料欄には聞きなれない添加物の名前がずらっと…。

パンや麺類はというと、材料である小麦粉のほとんどは輸入品です。
高い空輸で運ばれるはずはなく、当然船便でしょう。となると船で時間をかけて運ぶのですから、なにもしなければ虫や、ゴキブリやねずみの心配があります。ですから、そうならないように防虫剤?殺虫剤?などがたっぷり噴射されるそうです。ゴキブリやねずみが食べたり、虫がついたような小麦粉は商品になりませんから仕方がありません。

そして、その小麦粉を使っていろいろに加工されます。例えばパンは、スーパーで売られているものでも、真っ白でふんわりしっとりしていて、しかも安くておいしい!というものには工夫がされています。白くするために添加物、ふんわりさせるために添加物、なんにちもしっとりさせるために添加物、かびないように防腐剤という風に添加物が多くはいっている可能性があります。材料欄をみてみると、自宅でパンを作る材料には見たこともないような見知らぬ名前がたくさん並んでいるものがあります。なぜなんでしょうね~。

あと、大事なのは甘味料です。今のスーパーで売られてるお菓子や清涼飲料水にはお砂糖があまりお砂糖が使われておらず、お安い、アメ●カ産の遺伝子組み換えコーンから化学的に作ったブドウ糖果糖液糖(異性化糖)が多く使われています。遺伝子組み換えは非常に危険だと言われています。

これ以上今はパスというかたはここは飛ばして、ご興味ある方はよくまとまってるのでこちらを。【遺伝子組み換え食品による3つの健康被害】

ちなみにカロリーゼロはカロリーがないことからもわかりますが、食べ物は入っていません。砂糖の何百倍も強い甘さの添加物が…。

これだけ書いておきながらですが、添加物は悪者のようですが、もともとは私たちの希望である、楽できれいで、おいしく、しかもお安い!を実現させるために発達してきたのも事実です。忙しい時にコンビニもお惣菜も、外食も本当に助かるしありがたいものです。

これまで私は、「添加物も農薬も日本は世界で最も少ないだろう。安全だ」と、根拠もなく信じていました。(本当はどちらも世界一多い。)食品の裏側は知りませんでした。まだ知らないことがたくさんあると思いますが、ここまで知ったところで今思うのは、知らずにいるのではなく、現状を、そして長所と欠点を知ったうえで、上手につきあうということが大事なのではないかということです。

宣伝ではない(いや宣伝か???)のですが、
希望の命水は添加物も農薬も中和してくれます。今売られているお野菜のほとんどは種をとっても次の世代は育たないという、人工的に掛け合わせて作った一世代で終わる種であるF1種です。そのF1種を希望の命水につけてから植えたら、今のところF5(第5世代)だかまで発芽して成長してることが確認できています。
「固定種」と「F1種」の違い

希望の命水(数十種類のバランスのとれたミネラル水)は、お料理や外食、お惣菜などなどにちょっとかけるだけで、添加物、農薬、遺伝子組み換えも対策できます。対策ってだけでなく、素材の本来の味に戻るので、本当においしくなります。ご自身、ご家族のために、飲むだけでなく、お料理、外食などにもお勧めです

ちょっとずれますが、牛乳には命水を入れることを強くお勧めします!!!
一リットルに10cc(10倍濃縮なら1cc)くらいです。

ご参考まで

糖質制限をしたあと食べてみたパンやご飯で、気持ち悪くなったり吐いたりした時のものは、私が聞いたものは外食のご飯や、輸入小麦粉のパンだった気がします。炭水化物が人類を滅ぼすという本の中で著者が吐いたのは立ち食いソバ屋で食べた後でした。息子が気持ちわかるなったのは真っ白んふわふわのお安いスーパーのパンを4-5口食べた後、そして、外食の真っ白いご飯。私が押さえられない怒りにキレたのもパンをひとつ食べた後(おされられなかったのは自分の問題か??。)某友人の娘さんが夜吐いていたのも、外食のごはんを食べたあとだったような…。糖質を制限して本来の感覚が戻ってくると自然でない物に対して、そういう反応が起こるのかなとも思ったりしています。

もういっぱいですという人はこれはとばしてください。でも特にお子さんがいる方には見てもらいたいです。豚さんの餌をコンビニ弁当にしてみたら…の実話です。

超長くなりました。最後までお付き合いくださった方。お疲れになったことでしょう。
ありがとうございました(礼)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。