スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望のミネラルの飲み方&使い方いろいろ

ミネラルは体に必要なものを取り込み、不要なものを排出してくれるので、バランスのよいミネラルを摂ることはとても大切なことです。しかし、これだけでいいというわけではありません。ミネラルをきちんと補給してあげて、かつ、毒素をなるべく体内に取り込まないように中和してから摂取したいものです。希望の命水はその両方がかないます。ぜひいろいろお試しください。

希望の命水の飲み方&使い方いろいろ

ミネラルの補給に。
健康維持には、一日に体重の半分cc、体重60キロの人なら30cc~が目安です。お好みで2~10倍程度に水で薄めて、一日1~3回に分けて飲みます。(作り置きはしないでください。)原液で飲まれる方は飲まれた後、口をすすぐ程度の<後追い水>を飲まれるとよいでしょう。胃の弱い方は希釈して飲まれることをお勧めします。

お茶やお薬とは15分程度時間を空けてください。また、空腹の時に飲むと、より生命の源である地球そのもののバランスのまま体に取り込いれられるのでお勧めです。
体調が悪い時や、病気の場合は多めに摂ります。必要なミネラルは吸収され、摂りすぎたミネラルは排出されるのでたくさん飲んでも問題ありません。体調に合わせて加減してみてください。


農薬、食品添加物の毒の中和に(10倍濃縮タイプがお勧めです。)
希望の命水のバランスのよいミネラルが瞬時に農薬、食品添加物などの毒素をキレート化により中和し、素材本来のおいしさを引き立てるだけでなく、1日に必要なミネラルをバランスよく取り入れることができます。また、摂りすぎたミネラル分は排出されるので安心です。安全で本来のおいしさに変わります。(調理、外食には10倍濃縮タイプが軽量で、便利です。)

・お米を研ぐとき、まず希望の命水を少量入れた出会い水に乾いたお米を入れて10分ほど浸ける。その後、洗米し、炊飯用に再度命水を少量入れて炊く。

・お野菜や果物を水に浸けて残留農薬の除去。(公式な分析データでは希釈水の15分つけおきで農薬(テフルベンズロン乳剤)の94%が除去されました。)

・1リットルの牛乳に少量入れることで、毒素が中和され味もまろやかになります。牛のお乳である牛乳には、その牛が食べた食べ物の農薬や添加物、抗生物質などが出ているそうです。

・お肉や魚を焼く前に、野菜サラダに、冷ややっこに、漬物に少量振りかける。

・お野菜や玉子などをゆでる時に少量入れる。

・お味噌汁やスープ、鍋もの、カレー、玉子焼きなどに、少量入れる。

・貝の砂抜きに、エビの薬品取りに、お好み焼きを焼くときに少量入れる。

・焼酎や紹興酒や老酒やワインなどに少量いれる。

・外食に振りかける。サラダ、天ぷら、刺身、ハンバーグ、焼肉、ラーメン、すし醤油、など、どんな食事にもさっと振りかけるようにしましょう。特に冷凍食品やコンビニ弁当、外食には食品添加物や農薬が多量に含まれている場合があるからです。

・飲用の希望の命水をスプレーボトルに入れて(10倍濃縮は入れないでください。)。傷にひと吹き、髪の毛に、洗顔後の顔に、花に。(お肌にしみるようでしたら、2~5倍に薄めてご使用ください。)もちろんお料理やお水にも。

そのほか使い方はアイデア次第。いろいろお試しください。

ご用命はharumiまで。左のメールフォームからご連絡いただけます。お待ちしています。
希望の命水&10倍濃縮タイプ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。