スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれ出た時に

週末びっくりするほどイライラの塊でおりました((^^ゞ)。

「イライラ警報出動中!触るな~!!近づくな~!!!」みたいな。

どうも無価値感というか、報われなさというか、かまってくれない、愛されてないという感情がふつふつと出てどうにもこうにも。

じっと自分をみつめたところ、

「いい子にしてるのは本当の自分じゃない。本当はわがままで、だらしなくて、なまけもので、無能で、何も出来なくて。。。。でもそんな自分でも受け入れられたという実感が欲しい」とのこと。

そのままじっと感じていたら、ふと、生まれてきた時の思いなのかなと頭に浮かんできました。

生まれたての赤ちゃんの状態といえば、

しゃべれない、あるけない、食べれない、手足以外動けない/それすら思いどおりには動かない、
寝てミルク飲んでウンチしてるだけ、なにもできない

もし魂がすべてが自由だった世界の記憶をもったまま生まれ出たのなら、
不自由極まりないし、無力感を強く感じるだろう。

目をつぶったままさらに感じ行くと、
霧がふわっと晴れて、突然、若き頃の父と母が嬉しそうに私を覗き込んでいる映像を感じた。

その瞬間に、私は、一人では全く生きていけなくて、世話ばかりかけて、何の役にも立てない存在なのに、そのままを受け入れられて愛されたんだと感じました。ちゃんと祝福されていたと。夢物語みたいな話なのですが、なんだかとてもリアルに感じたのでした。

私が心の深いどこかで「私は愛されていない」を持ち続けていたのは、妹が生まれて関心がみんな彼女に移い、もう愛されてないんだと思い込んだことに始まるのかもしれない。愛されてたなんて嘘だったのかもしれないと。

母の体は一つだから、物理的に同時に1人に与える100%を、3人それぞれに与えることはできない。子どもなら表面に見える部分でそう思うのも当然に思える。

でも、物理的にはそうだったけれど、内側の見えない部分では私たち3人に対する愛は変わってなかったのではないだろうかと思えた。

そういえば、母は昔から、私たち3人のことを「誰が一番かわいいなんてことはない。全員同じで、全員かわいい。」といつも言っていたのを思い出した。

母へ、ありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読んでいたら ワーク中ガラガラの音と光を感じた瞑想を思い出したよ
私もあの時感じたんだ 母の喜びと愛を(私の場合は父はいなかった^^;)

それを忘れない為にアマゾンでガラガラ買ったの 笑
そして時々中島みゆきの誕生を聞くよ
今harumiに、その歌を贈りたい^^ 
wellcome 
私もまた思い出させて貰えた ありがとう~







Re: タイトルなし

NORI♡
コメントありがとう♪。

のりのあのガラガラそうだったんだね。

ユーチューブでWelcome聞いてみたよ。
涙があふれてきた。3歳の私は妹にはWelcomeと言ってあげられなかったんだろうな。
妹が思い浮かんで、彼女への愛があふれてきた。

私も時々聞いてみるわ。
ありがとう。

しっかし、中島みゆきってどうしてあんな歌を創れるんだろう。すごすぎ!!

harumi
超タイムリーな話題ありがとう~
とある事から妹や弟への恨みを思い出しちゃって・・ぐったりしたんだけど
私の声を代弁してくれたかのような事がいっぱいあって
少し客観的に眺められそうだよ

”wellcome”聞いてみたよ
苦しいほどにグッときた
NORI,ありがとね

Re: タイトルなし

Hisayo☆

コメントありがとう。
タイムリーだなんて嬉しいわ~♪。

あれからも芋ずるなのでしょう、ちょっとあり、このところずっと私もいっぱいいっぱいの日々です。
一緒にがんばる仲間がいるのは本当にありがたいよぉ。

ありがとう。





> harumi
> 超タイムリーな話題ありがとう~
> とある事から妹や弟への恨みを思い出しちゃって・・ぐったりしたんだけど
> 私の声を代弁してくれたかのような事がいっぱいあって
> 少し客観的に眺められそうだよ
>
> ”wellcome”聞いてみたよ
> 苦しいほどにグッときた
> NORI,ありがとね
最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。