スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしたらいいのかわからない

週末久しぶりに子どもの友達のお母さんたちと一日一緒に行動する機会がありました。
どうも心が固くなっていたので、家に戻ってから一人じっと感じていました。

「どうしたらいいのかわからない。」とのこと。


そのまま感じていたら、私がまだ幼いころの父との関係を思い出しました。

私が幼稚園の頃、父は単身赴任をしていました。なので普段は、母と三姉妹で、女ばかり。

なのに、たまに帰ってくる父は背が高くて、声が太くて大きくて、腕も胸も毛むくじゃらな男の人。

帰ってくるたびに母の背中に隠れて、でも気になって気になってそこからそっとのぞいてました。

そして、ようやく慣れて楽しくなってきたころに、いつも父は戻っていくのでした。

別れがとても切なかったのを覚えています。


父親が社会だとすれば、私は人が好きで近づきたいのだけれど、どうしたらいいのかわからない。
それでも恐る恐る近づいて、ようやく慣れたころにお別れがくる。でも、慣れたところでおしまいで、ちゃんと関係を築く方法を知らない。


人とちゃんと繋がりたいな。どうしたらいいんだろう。

…きっとなにはともあれ自分を感じること、自分でいること。

そして、それはひいてはどんな自分でいたいのか、どんな世界を望むのかにつがながっていく気がする。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も3歳から父が単身赴任で、harumiと同じ事を感じてました。
「どうしていいか分からない」 ただ私の場合は、
父の在宅中母がピリピリして異常だったので、父が戻っていくと安堵したんだ。
でも、父が嫌だったわけじゃない…話したくて寝る前は父の横に潜り込んでた。
嫌だったのは、父が在宅の間、家の中が緊迫感で非日常になってしまう窮屈さだったんだとharumiのブログから記憶を辿れました。
harumiのシェアは、私に沢山の気づきのキッカケを与えてくれる^^
ありがとう~

Re: タイトルなし

Nori♡
いつもコメントありがとう♡。
私の気づきが少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

Noriも同じように感じてたんだね。
Noriのコメント読んで、お母さんはお父さんがいなくて一人で大変で、寂しかったんだろうな。
お父さんを好きだったんだろうなって感じた。

私が、いつもいない&いても心がここにない夫に切れた時の反応によく似てる気がしたから。

私の父は単身赴任が長かったけれど、父と母はしょっちゅう手紙をやり取りしてたし、父は私たちのことをよく知っていた。物理的には離れていたけれど、父と母は心は繋がっていたんだろうなって思う。

私と夫は、物理的に一緒にいる時間も少ないし、一緒にいても心がここにないのが不満です。
もっとわかりあって、仲良くなるべく努力中です。


最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。