スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの頃の私の声

昨日のある会話から、そして最近の事象から、奥へ自分の内側を紐解いていくと、現れてきたのは

「誰も私を見てくれない。気にもとめない。私はここにいるのに。私だってここにいるのに。」という小さな子どもの私の声。

妹が生まれて、みんなが妹ばかりに注意を向け、愛を向け、私は空気のようにスルーされたと感じた自分のようです。

「私を見てほしい。」「私を認めてほしい。」「私をほめてほしい。」「私を愛してほしい。」そんな自分に多少気づいてはいたけれど、いろいろなところで無意識に私はこういうエネルギーをずっと出して行動していたのだろうと気づき愕然としました。

意識というのは本当に不思議です。顕在意識の自分はそんな風に行動していないと思っているのに、潜在意識のエネルギーがそのまま出てしまうようです。エネルギーって恐ろしや~。

小さな自分のその声に気づいて、その自分を受け入れ、愛を送ると、自分が癒されたのを感じます。体の力が抜けて楽になりました。(たぶん一生懸命アピールしていたのでしょう。)日常も違って感じられます。

自覚のない、癖となったそのままの私がまだまだたくさんいそうです。気づくたびに受け入れ、変えていきたいと思います。



昨日のは。メガ自分力ワークは盛りだくさんでした。まだ消化しきれてないのでこれからだんだんに消化していこうと思います。ミッチー師匠、MIEKOさんありがとうございました~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
プロフィール

harumi

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。