スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころとからだのために

こころも、身体も本来の形で自然に生きたいなと思いました。
体を感じてみたら、これはメンテナンスが必要だと思いました。

子供を産んでからずっと腰痛持ち。その上、冷え性で、目が弱くてすぐ痛くなります。最近は歯の調子までいまひとつ。

腰痛に関しては時々近所の整骨院でマッサージに行っていますが、悪くならずにいられるというだけで、手放せていない状態。でも、腰痛から解放されたい。歯も相談にいったら、原因わかりそうなので、治療に通うことにしました。

こころと体はつながっているから、こころのためにできるだけ体を直したいと思っています。顔のシミしわは年相応認めましょ。でも体の不調から解放されたらきっと顔色と人相?がよくなることでしょう。体の内側からの心のリラックスのため、友人みやこさんのハーブティーもお願いしました。ハーブティーについては次回詳しく書かせていただこうと思います。

体を整えるため、整体師の資格も持つ、アロママッサージをしている友人Rさんに相談し、昨日家に来てもらって、セッション&アロママッサージを受けました。包み込む優しさの持ち主であるRさんのセッションに心にひっかかっていたことがほぐれていき、更に深くまで気づかされました。アロママッサージは人生初でした。Rさんはセッション内容から今の私にあった精油をその場で選んでくれました。私は実は香りはあまり得意でなかったのですが、やさしくてリラックスできる香りのオイルができあがりました。横になった私の体の状態をチェックし、整体も施しながら(たぶん)、そのアロマオイルで全身をマッサージしてくれました。気持ち良くリラックスして時折意識が遠のいてしましました。心も体も本当に癒されたひと時でした

体はだいぶねじれているようで、いくつか悪いところも見つけてもらいました。今後相談しながら、整体とアロマで体の状態を本来の自分の体に戻すことにお力をお借りすることにお願いしました。
Rさん昨日はありがとう。そして、今後もどうぞよろしく
スポンサーサイト

だれかのせい??

今朝、子供(小学校低学年)に7時に起こしてほしいと頼まれてたのに、うっかり7時20分になってしまったことで、朝っぱらから派手な言い合いになりました。

子)「なんで起こしてくれなかったの!!!ママが悪い!!!起こしてくれなかったのは、ママのせいだからプリントはやらない!!!せっかくやろうと思って起きようとしたのに、ママのせいでできない!!!」などと怒っていろいろ言ってくるので、私もだんだん頭に血が昇っていった。

私)「遅くなったのは謝ったし、だいたい急ぎもせず、なにもしないのはあなたのせいでしょう!!!朝ご飯食べれなくなっても○○のせいだからね!!!!
子)「ママが起こしてくれなかったのに、ママが悪いのに、なんでぼくのせいなんだ~!!!!!

「えっ??」と私ははたと気づいた。私もどこか子供のせいにしようとしる??
自分が口にしていく言葉を意識していって、だんだん気づいていきました。確かにしてました。あ・・・普段もけっこう人のせいにしています私。じゃあ、この際、こどももついでに「だれかのせい」にするくせに気づかせよう!と、今度はけしかけていきました。

「なんでもかんでもママのせいなんだね。プリントできないのはママのせい。朝ご飯食べられないのはママのせい。寒いのはママのせい。20歳になって、恋人ができなかったらママのせい。中学生で上履き忘れたらママのせい。雨が降ってもママのせい。。。。Etc…..」
もう、なんでもかんでも手当たりしだい。

「全部全部ママのせいでいいけど、ママのせいで頭良くなれないとか、ママのせいでお腹すいてるとか、○○はそれで楽しいの?楽しいなら、全部ママのせいにしてなさ~い!!!つまらないならつまらなくてもいいけど、それがいいならずっとずっとママのせいにしていなさ~~い!!!

子供の動きが止まった。どこかスイッチがはいった。ちょっと甘えて私に近づこうとしたあと、くるりと向きを変えて着替えを取りに行き、文句も言わずに着替え始めました。バツが悪そうな顔をしてるけれど、どこかすっきりしている。

二人冷静になり、私は、7時に起こせなかったことと、私も子供のせいにしようとしたことをきちんと謝りました。そして子供はいつもよりちょっと甘えモードでした。「ママずっとだれかのせいにして生きてきたよ~。気づかせてくれてありがとう。」なんて言いながら、お互いに笑いながらの朝ご飯。

早朝からかなりすごいバトルでしたが、母子で「だれかのせい」にする観念を少し手放せたかなと思います。めでたし、めでたし

思いこみをはずしたい

思い込みって、怖いです。見えるものがまったく逆に見えたり、価値が見えなかったり、無駄に怒りを感じたり。。

先日は、家族で夕食を近所のレストランでとりました。
あとになって思えばその店は「大人がゆっくりとワインを楽しみながら、シェフこだわりのお料理をお楽しみください」みたいなコンセプトをちゃんと全面に出していました。

なのに、私はランチの看板で気になっていたお店だったことで、子供と3人で入り、
「メニューが少なすぎ。」
「子供も食べるようなメニューがあるべき。」
「ハーフボトルとボトルワインが主流なんて変。」
「なんでこんなにお料理がでてくるのが遅いのか。」

とイライラしていました。

あとで思い込みに気がつき、はずしてみたら、

だまされたような感覚だったのに、お店はちゃんとコンセプトを示してたことを発見。
そして、「とてもお料理のおいしいお店で、遠くまで行きたくないけど、ちょっと夫婦でゆっくり外食ならとても素敵~!!!」なんて思えてしまったのです。

ちょっと思い込みの強い私は愕然。超反省。。。。(あ~レストランさん、ごめんなさい)。

勝手な思い込みで、勝手に怒りを感じたり、勝手にがっかりしたり、
勝手に悲しく思ってたり、そんなこと様々な場面で、沢山あるのだと思う。

思い込みをはずして、偏見なく、

「そのもの」、「その人」、「その事象」、「言っている言葉」などを

ありのままを素直に見て、聞いて、感じたいなと改めて思いました。

どなたか、効果的で効率的な「思い込み」の気づき方をご存じないですか???
なんとか、一気にがばっと気づいて、外したいものです。。

こわい。。。

自分の愛に従うことは、一般でいう優しさや情と相反する場合もあり、
時として、身を切られるようにつらく、体が震えるほどに怖いものなのだと痛感しました。

それでもなお、やはり私は自分の愛に従って生きていきたい。大事な誰かの「心から望む幸せ」のためなら、きちんと憎まれ役さえできるようなしっかりとした大きな愛の軸が欲しい。

って書きつつ、恐怖ありありです。。。

心から欲しいもの

今日、一本の電話から自分の心を探り始めました。

その人の心の叫びはなんだろう。

私はずっといい子でいた。
私はずっと我慢してきた。
私はずっと親や周りに合わせてきた。
私はずっと親や周りの期待に答えるためにがんばってきた。

でも、もういやだ!!!!

想像の中の彼女はそういった。

ずっと「誰か」のために頑張ってきたんだね。今度は自分のために生きる番だね。

その人がやりたいと言っていたことは、今やっていることではない。

ふと、みっちー師匠の言葉を思い出した。

・「何もかもうまくいかないならば、自分がいる場所が間違っているかもしれない。」

・「一番やりたいことを自分に許さないで、それ以外ならやってもいいよと言われて、意気消沈しないか?楽しめると思えるか?」

目に見えるものはすべて私の反映。私の受け取るべきメッセージはなんだろうと思った。

「一番望んでいることを自分にあきらめさせて、何かをしても、楽しくないし、うまくいかない。」

その通りだ。私が心から欲しいもの。信じられなくてなんだか怖くて望むことすらあきらめたこと。

・私は常に「ある」という視点(A面)でいたい。
(「ない」という視点で見えるのは優劣、無価値、無力感など。。。。)
・私はずっと自分自身(心、宇宙)とつながっていたい。
・何が起こっても大丈夫という大きな心が欲しい。
・すべてをありのままに受け入れられる大きな心が欲しい。
・心穏やかな日々が欲しい。
・そして何より、愛する人々の幸せが欲しい。

法則的にいえば、最初の二つを獲得すれば、その下の項目は全部選択することができる。

私はA面で生きたい!!!
私は常に自分自身とつながっていたい!!!

初めて心から欲しいと望んでみた。そうしたら、恐れがやってきた。今までなじみのない世界。
恐れは恐れでいい。「望むこと」は誰にだって許される。望んでみたらいい!!!
望まなかったら絶対に手には入らない。

意外や意外。。。

私は自分ではちょっと熱くなる部分はあるものの、基本的には物事にあまり興味がなくて、熱中することもない、覚めた人間だと思い込んでいたのです。しかし、実際は全く逆のようです。

先週は、お出かけが楽しかったものだから、もう夕食の片づけもそっちのけで次はどこがいいかなんて考えて手持ちの東京の本を出してみたりしてしまって。。。翌朝も白丸ちゃんをじっと眺めたり、またまた、東京散策で頭がいっぱい。気がついたら、お昼も食べず、2時すぎても化粧もせずじまい。。。。これまでこういうことがあると私は、やらなくてはいけないことをそっちのけにしている自分に焦点をあて、一体何をしてたんだろう、ダメだなぁ。。。と自己嫌悪に陥っていました。

でも、その日は焦点を調べ物を楽しんでる自分に当てることができました。すると、見えたものが違いました。朝の八時半から家の中は止まったまま状態でしたが、熱中できる自分をみつけた喜びが大きくて、なんだか幸せな気持ちでした。

子供のころから、日常でまずすべきと言われている宿題などを放って、なにかしてしまうなんてこと、何度もあって、そのたびに自分を責めてとても悲しい思いをしていました。でも、視点を変えて、正しいかとかの判断を抜くと、私はその時、ただ熱中してたんだということに気づきました。もちろん、やりたくないことから逃げるためにする時も結構あったろうことは、否定しません。

今思うと、私は強く興味を持つことは子供の頃からちゃんとありました。原っぱに生えてる草で食べられるのはどれかとか、小学高学年ではみんながアイドルに興味を持つのに、さだまさし命とか、最近では自然海塩(昔ながらの製法の海水から作られた塩)とか。。。単に、一般的な女の子、女性、大人の好きなものにあまり興味がなかっただけだったのかも。。周りと興味ある話題をシェアして楽しみたい気持ちが強くて、だから、私ってなんにも興味ないんだなんて思いこんだのかもしれません。

でも、そういう自分がわかったので、これからはコントロールを学んでいこうと思います。具体的には、これをやり始めたら私は絶対に周りが見えなくなるから、先にこうしよう!とか、先にやりたければ、時々周りにも少し気を配るようにするとかでしょうか。

あ~でも、ちょっと対象は一般受けしませんが、私は熱中しやすい?自分がいたことが嬉しいです

おんな4人で

先月、母を囲んで、姉、妹と4人でスカイツリーがドドーーンとすごい迫力で見える素敵なレストランでワイン飲みながらのランチをする機会がありました。大人になって母子4人揃って行く初めてのリッチなお出かけランチでした。私たち姉妹はしばらく子育てでバタバタしていましたが、子供たちも小中学生になり、ちょっと昼間ゆっくり出かけられるようになったのだなと実感しました。

この年になってからの4人で過ごすちょっと素敵なひと時は想像以上に心地よく、幸せな気持ちになりました。他の3人も同じように感じたようで、1か月に1回くらい4人で集まって、東京とその近辺に住んでいながら全然しらない東京を一緒に散策しようということになりました。

先週は第2弾。東京散策&ランチをしてきました。
まず、開催していた親戚の絵画展を見て、それから都バスで三田、東京タワーの横を通り、日比谷公園などを経由して東京駅に。丸ビルの35階にあるフレンチでちょっと景色を楽しみながらランチをしました。丸の内を散歩し、修復が終わった駅舎を見学して帰ってきました。

ブログを書いていたら、ふと、私が高校の時に他界した父も、目には見えないけれど、これらのお出かけを一緒に過ごしていたのかもしれないなぁと頭をよぎりました。父よ、あれから私たちは2○才も年をとりました。そして、それぞれ自分たちなりに幸せです。がんばったよ~

しろまるちゃんが我が家に来ました~。

我が家におととい白丸ちゃんが来ました~。しろまるちゃんは、カブトムシの幼虫です。
私は虫の飼育は全く興味もなく、経験もありませんが、みっちー師匠の田中さん?村山さん?(カブトムシの幼虫さんです。)を見せてもらったら、飼いたくなしました。師匠経由、仲間から頂きました。(いとひろさん、ありがとう♡。がんばって育てま~す!!!)

受け取ったおととい、早速ペットのえさなども置いてるなんでも屋さんに行って、お店の人にいろいろ聞いて、虫ケース、くぬぎ、朽木、保湿の水、(保湿ゼリー?は残念ながら売り切れ)を買って、大荷物を抱えて帰りました。

どうかなと思っていましたが、子供が思いのほか喜んでいます。朽木は1日水に浸してから半日干すということで、今朝朽木の浸水乾燥が終了しました。子供は早起きをして私と、湿らせたくぬぎ、朽木をケースに入れて2匹の引っ越し準備をしました。そこに、もらった入れ物の中身をあけたら、ごろりんと2匹の白丸ちゃん出てきました~。なかなか巨大なイモ虫ちゃんでした。白丸ちゃんたちはちょっと伸びをして(?)もぞもぞとクヌギの中に入って行ったのでした。

IMG_0250_convert_20121102124845.jpg

IMG_0253_convert_20121102125002.jpg


虫が少々苦手な私は、ちょっとイモ虫の形状にびびりつつも、時々ケースに行ってはしばらく眺めております。意外ともぞもぞよく動いて回転なんかもしていました。なんだか、情が湧いちゃって、かわいいです。旅立つ日が寂しいなとか、ケースの中にずっといるのはかわいそうだ。。など、今からちょっとよぎったりしています。すでに執着か!???あー、でも、それ以前に、サボテンも枯らす私ですが、さてさてちゃんと育てられるのでしょうか!!!?がんばりま~す
最新記事
プロフィール

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。