スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日あなぐま17ライブ&佐藤ピリカさん朗読

本日2時から友人のあなぐま17と佐藤ピリカさんのジョイントライブ『むすびの魔法☆おんことよろ』があります。

よろしかったらおでかけくださいませ。

私は今日は見に行かれないのですが、がんばれ~あなぐま17、佐藤ピリカさん
スポンサーサイト

つながること

昨日はメガ自分力ワークに参加してきました。

しばらく心の中、意識の中いろいろありましたが、やっと本来の自分が戻ってきた気がします。

昨日は、これまで何度も何度も聞いていた、「つながること」がやっとわかりました。人と直接意識でつながることだと勘違いしてて、現実味も感じられず、何を言ってるのかさっぱりわかりませんでした。

しかし、「つながる」のは「本質の自分」でした。少しでしたが、自分につながった時のその感覚はお腹の下からぶあ~っと温かさが胸の方に上がってきて、そして全身に広がり、本当に満たされた、泣きたくなるような幸せの感覚。喜びなどで「胸が熱くなる」感覚もその一つなのかぁ。。。。それも心の奥底に響くことだから、個人的にはそんな気がしますが。。。。

今の現実の意識は、「ない」がベースになっていて、「誰かにはあって、誰かにはない。」だから、優劣を競ったり、良いと悪いに分けたり、うらやんだり、ねたんだり、ひがんだり、無価値観に苦しんだり。。。

でも、宇宙の法則では存在するものにはすべて価値があり、意味がある。私にもあなたにも、すべてのひと、すべてのもの、出来事に価値があり、意味がある。

だとしたら、私はそれを心で、魂で、常に感じていてみたい。

そのままで大丈夫な私。そのままで価値ある私。存在していていい私。

そして、それを感じながら生きてみたい。

って書いてみたら、あれ~??、それは常に自分のすべてをそのままを否定せず受け入れ、そして常に自分自身の心をしっかり感じてそれに従って生きたら、得られるってこと???

師匠が自分は「当たり前」のことを言ってるんだと言ってたけれど、これですか???

でも実際にやるのは大変です。意識には上がってないところにも認めがたい自分自身ってまだまだたくさんいるでしょうし、心を感じるセンサーもまだまだ鈍感。しかしながら、そんな満たされた究極の幸せが得られるならやってみない手はないですね~

自分を愛すること

最近いろいろな本を読んでいます。心に関する本か、自然食など自然に関係する本がほとんどですが。。。

石原加受子さんの本のどれかに「自分を愛するということは、自分を気持ちよくさせてあげること」というのがありました。疲れて会社を休んだりする時が例にあがっていました。

・働かなくてはいけない、自分は怠けていると責めて、罪悪感を感じて過ごすのではなく、休む自分を気持ちよく許して休ませてあげる。ごろごろすることを楽しんで、気持ちよくリフレッシュさせてあげる。

そういう感じに「自分を気持ちよくする」なら、きっとこんな感じなのかな。

自分が悲しい気持ち、つらい気持ちを感じてたら、自分に寄り添って、気持ちを解ってあげて、なんとか解決する方法を考えて行動するとか、伝えたいことで楽になるなら勇気をもって伝えるとか、具体的な行動をとって、楽にしてあげることが愛することなのだろう。

不快や、緊張なら、原因を見つけてあげて対処を考えて具体的に動く。

眠いなら、寝させてあげる。難しいなら、どうしたらいいか考えて、そのために行動を起こす。

自分の意見、気持ちをちゃんと表現する。(自分の意見などを通すためではなく、結果はどうあれ、自分自身をきちんと尊重して、ちゃんと納得してすっきりと気持ち良くなるために。)

忙しくてとても疲れてるなら、休めたらそれがいいけれど、無理なら、一杯のコーヒー飲むことを許してその間だけでもゆっくりして気持ちよくするとか。

「自分の気持ちよくしてあげる」ことは自分本位に聞こえるかもしれない。でも、よく考えてみると、そのために、他人に迷惑をかけたり、誰かを犠牲にするような何かは実は自分を愛することにならないのだと思う。。その場は一時的に嬉しかったり、すっきりしたりするかもしれない。けれど、後には罪悪感を感じるとか、嫌われるとか、ちっとも自分は気持ちよくないだろうと思うから。自分を本当に愛するならば、人を自分と同じに尊重して初めて成り立つのだろうなと思いました。

「自分に気持ちよく、気持ちよく」と思って過ごしてみていたら、今朝初めて私はすごいことに気がつきました(私にとってです。)。

テレビで高層ビルの窓掃除の人の一言「終わって、きれいになったのを見上げると本当に気持ちいいんです!!!」。聞いた瞬間に「お~!!!!」と思いました。私は掃除や、洗濯、片づけは嫌いで、いつも嫌々やっていました。でも、見方を変えたら、自分が気持ちよくなるためだったんだぁ~!!!!。

単純な私は自分を気持ちよくさせようと、さっそく部屋を片づけたり、掃除機をかけたりし始めたのでした。完ぺきではないけれど、部屋がすっきりして気持ちいいです。無理は気持ち良くないですから~。へへっ

当たり前。。。

当たり前。
ふと、改めて当たり前とか、当然とか、ふつうであることを考えました。

一般的に使われてる、「当たり前」とか「当然」って言われるとなんだか全然嬉しくない。やってることが全然大したことではなくてどうでもいいというような感じを私は受けていました。

主婦なら、
・そうじするのは当たり前。
・洗濯するのは当たり前。
・食事を出すのは当たり前。
・家を守るのは当たり前。
夫なら
・会社に行くのは当たり前。
・毎月お給料を入れてくれるのは当たり前。
・仕事は大変で当たり前。
一般では
・健康で元気なのは当たり前。
・優しくされて当たり前。
・家族に愛されるのは当たり前。

などなど。後ろに「当たり前」を書いたら、「する側」に立つと、なんだか報われなくて、つらくて苦しくて、悲しくなります。「受け取ってる側」に立つと、普段ありがたみを忘れていることに気が付きます。「当たり前」って実は結構大変で、ありがたいことで簡単にスルーするべきことではないのですね。

感情でいえば、自分を含め個々は「当たり前のこと」だから、つらい、大変などと思ってはいけない。できない自分が悪い。やらないといけない。報われない。こんな風に出てくる自分の痛みを無意識に見て見ぬふりをきっとしています。その状態が自分にとって普段ごくごく「ふつう」で「当たり前」なので、しっかり意識を向けないと気づきません。気づいてもそういうもんだからと即、もしくは一生懸命あきらめてしまう。でも、そんな気持ちに気づいて自分自身をわかってあげたり、無理してるならそれをやめることを許してもいいのですよね。

一方、受け取ってる「当たり前」の多さにも愕然とします。そして、スルーしてる自分の傲慢さにも。両親に何不自由なく育ててもらったこと、今何不自由なく暮らさせてもらってることも、「当たり前」として大して見えてなかったけれど、精一杯がんばってる両親や、夫の姿があってこそなのですよね。改めてありがたいなぁと胸がジーンとしました。この時代に日本に生まれたことも、今ふつうにあるものもすべてがありがたいことなのですね。

師匠は「日常の中に自分の痛みがあることに気づいていない。」から、しっかり自分を見るようにとよく言っています。改めてその通りなのだなと思います。そして、自分の痛みに気づき受け入れた時に、やっと人の痛みも真の意味でわかります。日常の中の自分の痛みに気づくことは私が思ってた以上に得るもがあるのではと思い始めました。まだまだ気づかないことだらけですが、、とりあえず、だんだんに気づく自分の痛みを受け入れいやしながら、もっと喜びを感じたり、もっともっと心から感謝できるようになりたいものです。

とにかくやってみなくちゃね。。。。

おとといの夜、子供との会話で、私はこんなことを言いました。

「難しくて嫌だとおもうことも、ちょっと上手な人のまねをしてやってみたらいいじゃない?。学ぶって、まねぶ(まねする)ことからきてるんだって。

しばらくやってみて、どうしても全然うまくならないなら、それはそれでもいいんだよ。人には向き不向きがあるんだから。

できなかったらそれでもいいんだよ。できない自分も自分だけど、それは一部であって、あなたの全てではないんだから。

ママはどんなに一生懸命やっても道と方向がわからない。でも、それだからって、ママは全部ダメなわけではないし、嫌いにはならないでしょう?」


昨日の夕方、子どもはなんだか上機嫌。聞いてみると、スイミングで、「絶対にプールのあそこまでは無理って思ってたけど、『やってみよう』って思ったら、お教室の最後にはプールの横を端まで一気に泳げたんだ!!」と満面の笑み。さっそく「やってみよう」としたんだわ。とても素直です。

師匠の言う、目の前に見えるものはすべて自分の反映という基本に立つと、子供は私の反映です。それは私自身への言葉。。。まさに図星~。なので昨日は私も、とりあえず家中の私の洋服を床に山積みにして片づけしてました。

「やってみよう」としてなかったところも、素直に動いてみたところも、ちょっとうまくいったことも、えへへっ。みんな私の反映。気になってること、他にもだんだんにやってみなくちゃっ。ついつい避けてることも勇気ださねば


最新記事
プロフィール

Author:harumi
こんにちは東京在住のharumiです。私は2009年春頃、精神的、肉体的にダウンし、うつ病寸前に至りました。師匠坂下宏光氏(と、その後彼の相方となったMIEKOさん)に出会い、ワークを通じて、少しずつ自分の心に向き合い、受け入れていくことで自分自身が癒され、楽になれることを実際に体験してきました。自分を生きるため、もっと幸せになるために、自分の心のメッセージに気づき、受け入れていくお手伝いができればと考えています。

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。